払う必要はありません

外国為替証拠金取引のための口座を開設する際に、手数料は必要なのでしょうか?

結論からいうと払う必要はありません。

FX口座を開設するだけなら一切費用は発生しないので、簡単に申し込みできます。

また、口座の維持費も基本的にいりません。

口座の開設や維持などに、費用が発生しないこともあり、いくつかのFX業者を同時に、利用する人が少なくないのでしょう。

スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操って自由にFX投資をする人々が増加中です。

PCをわざわざ立ち上げてチャートを見たりするより便利で、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、始めたばかりの人でもすぐに慣れることができるようです。

将来はより一層、スマートフォンもしくはタブレット端末、あるいは両方を使ってFX投資をする人々は増加する一方だと予測されます。

最近、見ることが多くなったのが、バイナリーオプションでしょう。

「バイナリーオプションは儲かる」とかなんとか、「初めての人でも簡単に稼ぐことができる」といった話もよく耳にしますが、怪しく思われる方も多いかもしれません。

しかし、投資初心者の方でも仕組みを理解しやすく儲けやすいというのは本当だといえます。

危険性をちゃんとわかっていれば、予想以上の損失が出ることもなく、危険が少ない安心な投資方法です。

FXの主流は、短期の取引です。

通常は、デイトレといいます。

デイトレの「デイ」とは、日本時間で指す0時から24時ではなく、ニューヨークでの時間です。

要は、世界における金融は、ニューヨークを中心として動いているというわけなのです。

短期トレードは価格が急変する危険性が低くなりますが、そのかわり、大きな利益も得にくくなります。

FXを始めたばかりの人は知識も経験も乏しいので、負ける場合が多いです。

FX初心者の負けないための心得は、損切りのポイントを設定することが重要です。

また、1回ごとの取引ではなく、取引全体で損益を考えるべきです。

9回のトレードで利益が出ても大きな損失1度でマイナスという場合もあります。

FXの際には、短期による売買がほとんどです。

その中でも、小さな値動きにより利益を抜くデイトレードでの際、一瞬での値動きで売買を繰り返し行うのです。

儲けが少ない分、トレード回数にて稼ぐのと、損をできるだけ少なくするために、損切りを徹底しないと儲けられません。

FX投資で獲得した利益には税金がかかると思いますか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」という区分になります。

一年間の雑所得の合計が、20万円以下だと、税金は必要ありません。

しかし、雑所得の合計が20万円以上である場合には、確定申告が必要です。

税金を支払わずにいると所得隠しになってしまいますので、どうぞお気をつけください。

外貨預金は外貨と円の変換時に、手数料の支払いを銀行に対して行わなければなりません。

けれど、FXでは、手数料なしでほとんどの業者が取引できますので、FXで初心者の口座開設でも比較的気軽な取引を行えます。

 

 

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク